お申し込みはこちらから

スターウォッチングツアー感想

小笠原旅行は10年まえからの夢でした。出発前からpcで調べまくって<たびんちゅ>さんのhpを見つけました。
もともと星を見るのが好きだったんですが天体望遠鏡でみたかったということとよっしーさんのプロフィールに惹かれたこと。
そしてなんといっても<宇宙船>での送迎!!!これは決め手でした。
わくわくして宇宙船に乗り込んだら想像以上に素敵で・・・ツアーも素敵でした。 宇宙船をおりたらそこには水平線の上にぽっかり浮かぶお月さまが・・・ 月の光が海に道をつくる。見た瞬間から何故か涙が止まらなくなりました。
なんにも考えずただただキレイで・・・涙はツアー中ずっと止まりませんでした。 なんだか大きくて温かいものに抱きしめられているような。 あなたはそのままでいいんだよ。。。って言われているような。。。
ウクレレの演奏も心に響きました。 一緒に参加したあっきゅんがゆってたけどよっしーさんの声がいい!!
このツアーに参加して自分の感性が目覚めたっていったらおおげさかもしれないけれど、それくらい私にとっては貴重な体験で もぅ私は「たびんちゅ」の虜になってしまいました。
目指すは、たびんちゅツアーオール参加です!ほんと、たびんちゅに出会えてよかったです。
人生変えられちゃいました。。よっしーさん。ミナさん。本当にありがとうです。
南十字星の季節に帰れるように働きまくります!!
さざなみ

星空を見あげて涙が出たのも、宇宙を感じたのも生まれて初めてでした。
浜辺で星空見上げて寝っ転がって、宇宙の話とウクレレ弾き語りを聴くのは本当に気持ちよかった。
それだけでも十分なのに、プラス、よっしーのガイドがすばらしい! よっしーの話を聞いていると、なぜか宇宙に浮かんでいるような気持ちになるから不思議です。
星座だけでなく、星にまつわる(時には、まつわらないものも・・・笑)いろんな話もしてくれます。 その知識量には脱帽。にもかかわらず、すごく素朴な質問にもちゃんと答えてくれました。 よっしーには本当にたくさんのものをいただきました。ありがとう!
人生かけて得たものを私たちに分けてくれてるんだな、と感じました。 実は私は治療しないとへたすりゃ網膜剥離、という治療を放り出して小笠原に来てたので、 すべての景色をこれが最後かもと思いながら見てたのですが…よっしーが見せてくれた星空は 本気でこれが最後に見る景色でもかまわない、そう思えました!!
また、きっと参加します。すてきなご縁ありがとうございました。
福ちゃん

星空ツアー・・・もう素晴らしすぎる!小笠原の海も山も良かったけど一番の感動は星空!
今まであんなに美しい星空を見たことはないし星達を身近に感じたことはなかった。 よっしーの説明がまたいい!自分は生きてるんだってすごい思った!
鳥肌が立ち、少し涙が出そうになったよ。そして宇宙を感じた。
今は東京に(小笠原も東京だけど)戻ってきたけどあの時の感動は絶対に忘れません とゆうか忘れられない!あれから星にはまってしまいました。
毎日星を見るのが趣味になったかも。もし、行くか悩んでてこれを見てる人がいるならば 絶対ぜったい参加したほうがいいですよ!小笠原に行ってあの星空を見ないのは大損!!
私はこれからの人生が豊かなものになる気がします。地球人で良かった! よっしー本当にありがとう〜 また星を見にそしてよっしーに会いに行くよ!!
とーこ

「たびんちゅ」に出会ったのは今から2年前の冬、初めての小笠原。
何もかも嫌になって逃げたかった頃でした。ヨッシーの第一印象は「変わった人」(笑)
今までに見たことのない星空、今にも降ってきそう!こんな世界があったなんて・・・。
真っ暗な中で波の音を聞きながら、ヨッシーの旅の話や星の話、ウクレレの音色を聞いていると 体がふわ〜と軽くなった気がしました。なにか忘れていたものを思い出したかの様な不思議な気分。
2年たった今年、念願だった2度目の小笠原にやっと行け、もちろんたびんちゅツアーに参加しましたo(^-^)o
「あー、この感覚」それは人それぞれ違うけれど、参加した人、皆がきっと何か感じて 帰っていくんですよね〜私はヨッシーにとっても感謝しています。
知らなかった世界を教えてくれて、色々な事を考えるきっかけをくれて。
たびんちゅに出会えて本当に感謝です。
またあの感覚を味わいに遊びに行きますね!!!
    みやむー

数あるナイトツアーの中で“たびんちゅ”の星空ツアーはちょっと変わった印象に感じたので 予約しましたが、「星空ツアー??ただ星を見るだけなのかなぁ」って不安を抱きつつも 私の想像を遥かにこえた事ばかりで、驚きの連続でした。
いつもはそれほど気にかけては見ない月に、都会の夜空では見られない星達が 空いちめんに輝いていました。星空はもちろんとてもきれいでしたが それ以上に私が意外に見えたのは月でした。
大きな望遠鏡から見えた月は、クレーターがはっきり見えて、とても立体で 今までは写真でしか見たことがなかった宇宙が、自分の目で見れた時は 言葉ではいい表せないほどの感動がありました。
明るい美しい月、だけどすごい輝いている星達、月明かりが渚に反射して神秘的な海、 白い浜辺、波の音、雄大な大自然の中で自分がクヨクヨ考えていた大きな悩みが とてもちっぽけなものだったんだって思わされました。疲れやストレスが溜まってる人、 小笠原の星空を存分に満喫したい人、どのナイトツアーにしようか悩んでる人は ぜひ参加してこの雄大な大自然と、光りと輝きと音を体験してみてください。
私みたいに今までとは違った自分じゃない自分がみつけられるかもしれませんよ。
ひろみ

星空ツアーは、はっきり言って思ってたより全然良かったです!
望遠鏡も思ってたより全然大きくて、土星の輪が見えたときは「うそでしょ〜!?」って言うくらい余りにもわざとらしく「土星」だったので、 レンズにシール貼ってるのかと思いました・・・・(笑)
レーザーを使って分かりやすく説明してくれ、初めて自分の星座のかに座を見ることができて、すごくうれしかったです!
はじめ曇っていた空も、どんどん晴れて満天の星空を見ることが出来ました。
今まで見たことのない星の数で、ほんっとちっちゃな星までバァーッって空一面を見渡したときは、本当に宇宙に吸い込まれそうでした。
ツアーの最後によっしーが「星の唄」をウクレレで弾いてくれ、満天の星空を見て透きとおった綺麗なウクレレの音色を聞いていると、 何だか自然に涙がこぼれてしまいました。
理由は分からないけれど、純粋に心に響いてポロポロ涙が溢れてきました。
そして宿まで送って頂いた時には、妙に心が軽くて元気になっちゃいましたー!
みっちー

「海は水深何十mかしか見えないけど、空は230万光年先が見えるんだよ!」と言ったよっし−の言葉が心に残っています。
“今ここで見える 一番遠い光”と言って教えてくれたその光は 230万光年はなれている アンドロメダ銀河でした。
ボヤッと見えた光…そのぼやけ具合に一層 遠さを感じました。
小笠原旅行から帰った今、よっし−のあの言葉を思いだすと、悩みごとが少し軽くなります。 230万光年後、私は何も残ってない。短い人間の一生だから“周りの人にやさしくしよう”そんな気分にさせてくれるツアーでした。
穏やかな時間を本当にありがとう。 
百 花 誰 為 開(百の花 誰がために開く)。
万 星 誰 為 輝(万の星 誰がために輝く)。
また小笠原へ、スターゲイザーになりに行きたいです。
美絵

小笠原に来て、宇宙と星とそして私たち自身について感じることができるツアーは他にありません。
このツアーで私も星もおんなじ様に生まれて、そして生涯を閉じるってこと、全部繋がっていることが実感できます。
以前、妊娠していた知り合いの方から、精子と卵子が合体し受精卵になり、生命が授かった瞬間に、 暗闇の中で星が誕生するときと同じようなものすごい光を発する、という話を聴いたことがあり、 人間の体の中にも宇宙が広がっていて、私たちはそこから生まれたのだから必ず宇宙とも 繋がっている、と感じたことを思い出しました。
普段、都会で生活していると生命のことや宇宙のこと、ましてやそれらと自分が繋がっているかどうかなんて考えていませんよね。
自分がこの惑星に生まれ、今ここで生きている幸せを全身で感じましょう☆
また遊びに行きます♪必ず、絶対に!今度は旅のお話とかもっと聞かせて下さいね☆
あとウクレレも♪♪持っていけたら相棒のCb(コントラバス)も連れて行きたいな。
そしてビーチで演奏するのだ!
あっこ

出航日前日の夕方に小笠原行きを急遽決めた私。
当然のこと、ガイドブックもなく、HPもほとんど見ることもできず、 この「たびんちゅ」の存在を知ったのは、おがさわら丸の中のたった1枚のポスターでした。
しばらくポスターの前に立ちつくした私は、リュックからペンを取り出し、自分の掌に 「たびんちゅ」の電話番号を書いていました。何か気になったのです。
子供の頃、目の悪い姉の宿題を手伝わされているとは気付かず、得意気に星図をつくっていた私。
星と星とを線で繋げ、夜空に大きな絵が描けたときの喜びを、姉に誉められた嬉しさを、
「たびんちゅ」は思い出させてくれました。
「たびんちゅ」の前で私は、34歳の小学生に戻っていました。
それは、久し振りに味わう、とてもとても心地良い一時でした。

私達の周りには本当にたくさんの情報が溢れています。
その多くは、生きていくためには必要の無い明かりです。
ひとつずつ、そのスイッチを切っていけば、本当に大切なものが見えてくるかもしれません。
小笠原の星空のように、、、。「たびんちゅ」は、そんな事を私に教えてくれました。いつか私に子供ができたら、 子供と一緒によっしーの話を聞きに行きたいと思います。
    まーちゃん

宿が一緒で友達になった子から誘われて、たびんちゅ星空ツアーに参加しました。
星空ツアー?星座の説明をしてくれるのかな??まあ、面白そうだから、行ってみよう。
最初は、この程度の考えしかなかったのですが。。。連れてきてもらったところは、明かりひとつない場所。 波の音が聞こえる。。海岸らしい。。。小笠原で初めて夜空を見上げた私は、思わず「うゎっ」っと声を上げてしまった。
なんて、すごい星空。空の隙間がないほどに星が散りばめられて、しかもそれが360度見渡せる。
感動してる間に望遠鏡のセッティングが終わっていたらしい。
「覗いてごらん」と言われ、望遠鏡体験初の私がおそるおそる覗くと、
「??」・・・「!!!」
「ひゃー土星だ!輪っかが見える!」
すごいすごいと感激して何回も覗かせてもらう。
その後、木星や一番遠くにある星、一番昔から輝いている星、いろいろな説明を受けながら 望遠鏡を覗いていたら、その中に流れ星が流れた。なんて、グットタイミング。
その後、ウクレレを聞きながら仰向けに寝て星空を眺める。。なんて、贅沢な時間なんだろう。
よっしーの説明を聞きながら星を眺めていたら、
ふと「見上げている星空」ではなく、「宇宙の中にいる自分」を感じた。こんな経験は初めて。
とても贅沢で、楽しい時間を過ごすことができました。
    美香

偶然お電話させて頂いた「たびんちゅ」さん。それが楽しかった思い出の始まりでした。
夜、お迎えに来て頂いて車に乗ってまずビックリ! 車内はキレイな星空が飾り付けられていて2人で感動。
現地に着いてからは、あいにくの曇り空でした。でも雲が晴れるまでの間、よっしーのロマンチックなお話にすっかり夢中になってしまいました。
このまま雲が晴れなかったらどうなるのかと思ったら、すーっと雲が晴れて星空が顔を見せてくれました。
見えてきたらすぐに、よっしーがあのデッカイ望遠鏡をサッと土星が見えるように 合わせてくれたのには、またまたビックリさせられました。さすがだなぁと感激しました。
かわいい土星を見せて頂いてありがとうございました。
他にもいろんな星を見せて頂いて、たくさんの感動をもらった後の〆のよっしーのウクレレ。
なんか僕たち2人の為に作ってくれたような優しいメロディにすっかり酔いしれてしまいました。
こんなに思い出に残るツアーになるとは思ってもいませんでした。
あれから、星空を見るとよっしーとミナさんの事を思い出してしまいます。
本当に楽しい思い出を下さってありがとうございました。僕たちの住む福井の空でも、 あの時よっしーから頂いたダイヤモンドはキラキラと輝いていますよ。

一週間の休みを取るのはなかなか難しくて、次に小笠原に行けるのはいつになるか 想像もつきませんが、行った時には必ず「たびんちゅ」さんにツアーをお願いしたいと 思いますので、その時はまたヨロシクお願い致します。

これからも「たびんちゅ」さんに来たお客さんに僕達の時のような素敵な思い出を たくさん作ってあげて下さい。本当にありがとうございました。
  カズ&あかね

スキューバダイビングがメインでやってきた小笠原。
みんなが行くと言うのでなんとなくついていった星空ツアーでしたが、 思いがけずとてもステキな体験ができました。
宇宙人よっしーの宇宙船で地球を離陸し、大気圏を越え、 いつの間にかどこかの星の砂浜に着陸していました。
バズーカ(ちっくな天体望遠鏡)から覗く天の川やすばるの正体に驚き、 何万光年を越えて届いた星の光に感動し、流れ星に大声を上げ、 ミラーボール星に参加者一同大笑いし(←女子ならば感動するトコなんでしょうけど)。
寝転がって自分の上に広がる星空に圧倒されながら聴く静かなウクレレの音と波音、 そこにはものすごい癒しがありました。こっそり涙しました。
でも真っ暗闇だから誰にも気づかれずこっそり涙できちゃいます。
こんなに理屈のない静かで強い感動ってそう多くはできないと思います。

でもでもいくらすごい星空でも見ただけではここまで心動かされなかったはず。
これは宇宙人よっしーのもつ何かのおかげなんでしょうねぇ!
しゃべり??オーラ??うーん何だろう??「波」を操る力、そんな感じ。
音や光という「波」と参加者みんなが持つそれぞれの「波」をうまく合わせるというか。
だから初めて会った人とも和気藹々と楽しく感動できたんだよ、多分!
また別の季節に参加して、別の星空を見たいなぁ!
   夕佳里

興奮。驚嘆。小笠原ではそれは簡単に手に入った。
360度の絶景。木の匂いが濃厚なジャングル。「こんなところが世界にあるなんて!」
憧れていたワイルドな景観に心はオーバーヒート。さらにダイナミックなツアーに参加すれば、 トドメの一撃のように劇的な感動がボディーブローでやって来て、ホントに目が回るほど興奮した。
だけど、"たびんちゅ”のツアーは一味違っていた。全く別の魅力を持っていた。
ガイドのよっしーに勧められて、真っ暗な夜の浜辺にゴザを敷き、寝転がるとイグサの香りがした。
波の音に気づき、目の前に星がキラキラこぼれるように輝いているのをみた時、 すぅーっとカラダがほどけていくかんじがした。
興奮よりも驚嘆よりも、旅の素敵は深呼吸してその土地にカラダが溶けることだと思った。

聞けば、ガイドのよっしーは世界を巡った旅人だとか。
旅のステキを肌で知ってそれを伝えようとこのツアーを主催しているに違いない。
旅人よ、小笠原に行ったらよっしーに会うべし!
世界がぐーんと広がるぞ!
    かおる

今回2度目の参加。
去年の[月]は良かったなー。海に月の光が道となって輝いて、 その光景は波音と重って、なんというか・・今でも思い出すとウットリする。
今年の星空も良かったー。月の光がなかったので、星たちがより一層キラキラして、 星座がわからないくらいの星、星、星。
とにかく宇宙を感じられる。
そしてなにより[たびんちゅ]の「よっしー」が素敵。
旅の話や宇宙の話は聞くだけでワクワクするし、ウクレレまで聴かせてくれてお腹いっぱい。
また行きたい!
    おっしー

星のガイドと言われ初めはピンときませんでした。
行った人から「星を見ながら(ガイドの)よっしーのウクレレが聴けるよ!」と勧められ、 次の日に星空ツアーに申し込みました。
当日、車で星がよく見える山に案内してもらい、ゴザを敷き寝ころがりました。
ウクレレの音に耳を傾けていると風が心地よく、 自分が地面に溶けていくのではと思うぐらいリラックスしました。

頭上には満天の星が瞬き最高でした!
ガイドもわかり易く、楽しみながら星に詳しくなれます。
あっという間の2時間でした。

そして3日後。
私は、また満天の空の下にいました。高性能の望遠鏡で見た土星の輪!
空の世界に感動しました。また小笠原に行く時は必ず参加したいです☆
つくちゃん

星と宇宙のツアーは本当にとってもステキな経験でした。
まっくらな浜辺で寝ころんで、満天の星空を眺めながら、星と宇宙のおはなしをきいていると、 とても神秘的な気持ちになりました。小笠原の星空は自分で見ても(ツアーに参加しなくても)、 本当にすばらしいです。
ありきたりの言い方ですが、宝石箱をひっくり返したような星空だと思います。
でも、よっしーの解説つきで星空を見ると、ただ、「きれい」だけじゃなくて、 この星空は広い広い宇宙で、その中のほんの小さな小さな地球という点に 私がいるんだな〜と実感できたのです。
うまく表現できませんが、私はこの宇宙の中の「ここ」にいるんだな、と本当に実感しました。
いままでは、私の世界は日本か、よくて地球(地球の中の私、というイメージ)だったけど そのときから、宇宙の中のひとつの星にいる私、というイメージになりました。
それと、望遠鏡で見た木星の雲の渦、土星の輪、アンドロメダ星雲
(?名前はあってるか分かりません・・・)は、写真とか絵でしか見たことがなかったものを 自分の目で見ることができて、たぶんずっと忘れないと思います。
小笠原自体が、私にとっては現実と離れた夢みたいな島ですが、その中でもこのツアーに 参加している間はさらにまた別の世界にいるようなすてきなひとときでした。
一緒に参加したみんなそう感じているようでした。
  きのこ

晴れわたった新月の夜、 「小笠原でどのくらい星が見えるか?」それは誰の目にも同じこと。
問題は「どう見えるか?」ということ。
「天蓋に張りつけたスパンコール」に見えるのか、それとも「宇宙」なのか。
それが「たびんちゅの星空ツアー」の魅力でしょう!

例えば、「三つ大きな星があるなぁ」と眺めていたらそれは土星と双子座だという。
土星を写真ではなくこの目で見られるってすごい体験。
あの美しさは生涯忘れられないでしょう。
それから双子座のお兄さん星は望遠鏡を通すと二つの星が並んで見えた。
「双子座って三つ子だったの?」と聞くと
「実はその星は二つしか見えないけど本当は六連星なんだよ」・・・。
もしそこに住んでたら太陽が6個もあるってこと?!えらい世界だなぁ。

次に土星が双子座の所に来るのは30年後という・・・ その時自分はどんなことをしているんだろう??
そんなふうに「ただの星」がいろんなロマンを持ち始めた。

そして「ただの暗闇」はもっとすごいものを持っていた。
大きな望遠鏡の中にボゥっとかすんでいる円形の光。
2000万光年離れた銀河だ。2000万光年って・・・私の頭では消化不良。
でもこれから先ずっと、私には夜空に2000万光年の深さが見える。
宇宙の中に生きているってすごい!たびんちゅ万歳!!
あき

たびんちゅのツアーはとっても感動的でした。
その日は天体望遠鏡で月を見たんだけど、クレーターの一つ一つまでよ〜く見えて、 そこに名前があることを教えてくれたり、人間がたどり着いたときの話を聞いているうちに、 遠く離れた月に流れる時間や空間をも感じ取れるようでした。
それから、星の誕生から消滅までを、実際に見せながら話してくれたり。
特におばあちゃん星のアンタレス(だったっけ?)は 線香花火みたいで本当にきれいだった!
宇宙に関するいろんな疑問に豊富な知識で答えてくれて、 面白い話もたくさん聞かせてくれて、本当に楽しい時間が過ごせました。
ともこ

たびんちゅの星空ツアーのポスターを見て『小笠原の星を見ながら、神話を聞くのも悪くないかな〜』と。
星といえば神話?ぐらいの発想しか出来ない私が、ありきたりのツアーを想像して参加したツアーでした。
すっごく裏切られました…良い意味で!…神話を望めば、もちろん神話も語ってくれるでしょうが、 私自身が知っているちょっとした星の知識や、説明を受けながら興味を持った話題から、 どんどん広がる広がる星や宇宙の話題・・・神話にたどり着く前に時間切れ!
え〜!もっと聞きたい〜と、思ったくらいに”あっ!”という間でした。
多分、二回と同じ内容になることはないだろうな〜と思えるツアーでした。
参加者自身の知っている、どんな些細な星の知識や星に限らず、 宇宙に興味ある事から、どんどんと広がっていくガイドの内容・・・ 小笠原の星空の下で繰り広げられる不思議な不思議な異次元空間でした。
参加して損は無いどころか、参加しないと損かな〜と、思える 今までにない”星と宇宙のツアー”でした。
また機会があれば、もちろん参加に○!したいです。
  よっち

お申し込みはこちらから。


本ページ内で使用している写真の無断転載はご遠慮下さい。Copyright 2008 Yoshihiro Murakami All Rights Reserved.