ツアーお申し込みはこちらから

■ おがさわら丸を快適に過ごすために

本土と小笠原諸島を結ぶ唯一の定期船おがさわら丸の旅。
24時間という長〜〜い時間をより快適に過ごすためのコツをご紹介します☆
あくまでも船酔いしやすい私が2等に乗る場合は・・・"ですが、
初めての船旅を前にドキドキしている皆さんのお役に立てれば幸いです。

2016.6.28 新おがさわら丸就航に合わせて加筆修正しました!
おがさわら丸

■おがさわら丸のどこに乗る?

まずはおがさわら丸のどこに乗るか?
予算が許せば個室を利用する方が快適なのですが、多くの方は2等を利用されると思います。

おがさわら丸は2等に和室寝台があります。

2等和室はひと区画に16人程度の席があり
マットレスを敷いて利用します。
2等和室

お隣さんとくっついていますが、頭の所に仕切りがあって寝ているとあまり気になりません。
頭上に荷物を置くスペースはありますが、大型のスーツケースは入らないのと
重いスーツケースを持ち上げるのは女性にとっては少し大変かも。
2等和室

身長173cm、細身の男性が寝たところ。
2等和室

乗船客数が少ないとひとつ飛ばしに席が割り振られる場合もあり、
隣の席で荷物を広げられるため快適に利用できますが
満席だと大きなスーツケースを広げるのは難しいです。

テレビ・コンセントは限られていて、奥側の壁にあります。
2等和室

2等和室に3000〜3500円(片道)プラスすると2等寝台にクラスアップできます。
  ↓
寝台は2段ベッドが向かい合っています。
それぞれにカーテンが付いているため和室に比べてプライベートがより確保され
コンセント(一口)と読書灯があるので快適度もアップ!
(テレビはありません)
上のベッドの昇降も階段なので楽です。

通路や階段スペースは広くないので大きなスーツケースを広げたりするのは大変です。
2等寝台
2等寝台

リピーターさんや島民でも2等寝台は窮屈な感じがするから嫌い、という方もいて
好みが分かれるところなのですが、私は和室よりも寝台の方が個室状態になる分
ぐっすり眠れてとても快適でした。


乗船客数の少ないオフシーズンなら広々とした和室を選び、
ハイシーズンならプライベート感が増す寝台を選ぶなど
シーズンに合わせて使い分けるのもよさそうです。

2等和室も2等寝台も女性専用のレディースルームがあるので
女性の一人旅でも安心して過ごせますよ!

ちなみに2等の上位クラス特2等というのは2等寝台の上だけ・下だけの2人ずつバージョンです。
通路との間にカーテンがあるので二人連れで利用すれば個室のように過ごせるのと
ベッド毎に読書灯・コンセント・テレビが付いているので更に快適度は上がります。
※航海中の大半はテレビの電波は入りませんがDVD放映があるのでヒマ潰しにはなります。

■東京湾を出るまでにリラックス服に着替えましょう♪

リラックスウェア 24時間・・・長いですね〜〜^_^;
リラックスするためにはゆるい服は必携。
竹芝出港後、東京湾を出るまでの11時〜14時頃は
どんな季節・海況でも、まず揺れることはないゴールデンタイムです。
しかし「東京湾を出たら大揺れ(´A`)起き上がると気分悪くてずっと寝てました(*_*)」
という航海も残念ながらあります。

出港後は船旅の旅情にも浸っていたいところですが
いつでも寝れる(寝込める?)よう、東京湾を出るまでに
リラックスできる服装
になっておきましょう!

更衣室はトイレの近くにあるから探してみてください。

足元もサンダルやスリッパなど着脱が簡単なものがあると便利です。
(特2等以上の船室にはスリッパの備え付けがあります)

要注意は、冷房が効き過ぎて船内が寒〜いこともあるので、
夏でも羽織りものがあると安心です。

■24時間の船酔い対策は?

酔い止めの薬 海況が良い日は自由に歩きまわり、潮風に当たり水平線に沈む夕日を眺め
手足を伸ばして眠れるなど船旅は非常に快適なものです。

ですが!海況の悪い日もあるので酔止め薬はお忘れなく!!
船内売店に「酔止め薬」は無いので乗船前に必ず用意しておきましょう。

瀬戸内海や本州沿岸を走るカーフェリーに比べると、外洋を走るおがさわら丸は揺れます。
特に初めておがさわら丸に乗る方は海況が良くても「揺れた」と感じる場合が多いようです。
船旅が初めての方や、海況が悪そうな日は酔い止めを利用しましょう。
昼過ぎに服用しておけば東京湾を出る頃には酔い止めが効いてきます。

ちなみに私はおがさわら丸乗船後は自分のベッドから一番近い女子トイレの場所を確認します。
場所によってはトイレが遠いこともありますが、2等和室のレディースルームはお手洗いがすぐ目の前なのですごく便利です!

そして船内の所々にぶら下がっているスーパーのレジ袋のようなビニル袋を2枚ほど手元に確保
気分が悪くなったけどトイレまで辿り着けない!もうダメだぁ〜〜〜!
という緊急事態に備えております。(^^;;)

東京湾を出たら枕元に水やスポーツ飲料を用意し、あまり満腹になり過ぎないようにして
ちょっと気分悪いかも・・・!?と思ったらすぐに横になって過ごします。

竹芝を出港して夕方から夜にかけては揺れが大きいことがあるので
夕飯は食べないことが多いですね〜。

2等和室
ちなみにこの真ん中に写っている細い白い棒はただの飾りではありません。
海が時化て大荒れ、船が大きく揺れる航海でもこれさえ掴めば他人を踏んづけることなく
トイレに行けるという大変便利なアイテムなのです。

もし大揺れの航海に当たってしまったら・・・酔止めを飲んでひたすら寝るべし!です。

■おがさわら丸内で食事はどうする?

延長コード 11:00に竹芝桟橋を出港して、翌日の11:00に父島に到着するから・・・えぇっと?
昼、夜、朝、3食分の食料が必要?
いえいえ、おがさわら丸にはレストラン・売店・各種自動販売機があり
レストランは麺類や定食など、売店もカップ麺・パン・カップスープ・菓子・飲料がありコンビニと同じような価格で 購入できるので食料を全く持ち込まなくても大丈夫です。
また船酔いすると食べられなくなるタイプなので、食料を持込む場合は無駄にならないパン、飴、カップスープなどで一食分くらいを用意します。
その中にみかんなど果物が少しあると口がさっぱりするのでおすすめです!
コンビニは竹芝桟橋のすぐ近くにファミリーマートがあるのと船客待合所内にもショップがあります。 コーヒーはコンビニ等でよくあるその場で豆を挽いてドリップする機械が船内売店にあります。

■便利グッズ タンブラー&ティーバッグ

おがさわら丸には給湯器が設置されています。
2等和室

タンブラー 自動販売機や売店もあるので、ペットボトル飲料や
美味しいホットコーヒーなども飲めますが、タンブラーとティーバッグがあれば、
いつでも自分の好みの暖かい飲物を楽しむことができます。
長い船旅の間に、お気に入りのお茶の香りで癒されるのもいいですよ。

普通のカップでももちろんOKですが、蓋付きのものなら
揺れる船内で持ち歩く際にこぼす心配がありません。

■便利グッズ 分岐タップ&延長コード

延長コード 2等寝台は各ベッドにコンセントが一口ありますが、2等和室を利用する場合は 限られたコンセントを共有するのにとても役立ちます。
携帯電話、ノートパソコン、ゲーム機を使うのも充電のことを
気にせず楽しめます。

2等和室のコンセントはテレビの下辺りにあるので探してみてね。

■貴重品について

貴重品ボックス
島内には大手コンビニはなく、現金を引き出せるのは金融機関のATMのみです。
そしてお宿はクレジットカード利用可能な場合もありますがガイド業者や商店の多くは現金払いのみになります。
皆さんが島を訪れるのが土日祝にかかる場合や、到着後すぐにガイドツアーに参加予定の場合は いつもより少し多めの現金をお持ちになって竹芝桟橋を出発されると思います。
2等・特2等などを利用される場合は無用のトラブルを避けるためにも貴重品管理をしっかりしましょう。

おがさわら丸の船内売店ではSuicaが使えますが、自動販売機はSuicaが使えないため、
私は乗船後すぐにSuicaと小銭を手元に残して現金は貴重品ボックス(無料)に預けておきます。
貴重品ボックスは4デッキ案内所の正面辺りに設けられています。

■その他 おがさわら丸船内にあるもの

シャワールームにリンスインシャンプー・ボディソープ
シャワールーム

洗面所にドライヤー
ドライヤー

くつろげる展望ラウンジ
ラウンジ

エレベーター(残念ながら2等和室には行かないようです)
エレベーター

荷物置き場 混雑する時期は大きなスーツケースはこちらに
荷物

■24時間 何をして過ごす?

ガイドブック 揺れなければ(船酔いしなければ)24時間をたっぷり使えますが何をしましょう??
初めての往路であれば、小笠原のガイドブックなどを見るのもいいですね。

たびんちゅも紹介頂いてます(^^*)

私はタブレット端末で動画を見ることが多いですがおがさわら丸にwi-fiはありません
また携帯の電波も入らない時間が長いので出発までに端末に保存しておく必要があります。
揺れると文字を読んだり、画面を見ていると気分が悪くなることがあるので、ラジオなど耳だけで
楽しめるものもけっこうオススメです♪

おがさわら丸での過ごし方のイメージが湧いてきたでしょうか?
24時間の先には素晴らしい風景が広がっています
どうぞ船旅に尻込みせず、小笠原へお越しになってみてください。
お待ちしております☆
出港

ツアー選びはどうしよう??
毎日忙しいたび子さん、小笠原の大自然に癒されたい! 学生のたびえちゃん、初めての小笠原を満喫したい!

本ページ内で使用している写真の無断転載はご遠慮下さい。Copyright 2015 Yoshihiro Murakami All Rights Reserved.